2017年04月09日

こんなに・・・、なのに。

先週の日曜日と同じような気象状況のなか、自分の行動パターンも似通った
感じなので、何かその日の焼き直しのような生活を。ただ、違うのは道中で見かける
桜の木。先週半ばに満開となってから雨続きでもあまり散ってなく、
咲き誇ってますが、残念ながら新芽の葉っぱが出ている木が多く、ピンク一色なのは
あまり見かけません。それにしても、こんな桜満開のお花見時期にはとっても
もったいない週末の天気ですね。

さて、もったいないといえば、もうすぐ行われる桜花賞も同じです。
近年例のないレベルの高いメンバーが揃っているのに、雨は降っていませんが、
馬場状態が微妙。その巧拙や走るコース取りなどで、勝負が左右されそうで、
少し残念な感じがします。また得てして、こういう場合は人気馬が
凡走しても、その陣営には好都合な状況なので、上位人気の馬を信用しない
ことにしています。

で、予想なんですが、いつもの牝系別の勢力図はもとより、じっくりと考える
時間も取れませんでしたので、枠順が決まって感じた第一印象と、重馬場での経験だけを
頼りに取捨選択をしてみました。まずは、枠順ですが、人気上位2頭が外枠に並んで入りました。
各々が隣を意識せざる状況で、けん制し合うのは間違いなさそうです。
あと、状態の良くない馬場ですので、前目でレースが進められる先行馬がいいかと。
枠順的には外側が馬券対象になることが多いレースですが、先行馬を狙うなら内枠の方が
良さそうですので、4を軸に考えました。出走取り消しで隣が空いたのも
何か都合が良さそうですし。

あまり人気がなさそうなので複勝を本線に。相手として、面白そうなのが、6。
外で2頭がつばぜり合いをするなか、自分のレースに徹し切れるのは有利な感じがします。
それに、先週のG1を勝った騎手が乗る割に、トライアルが不甲斐なかったからか、
人気を落としているので、配当的にも美味しそうです。なので、4-6のワイドを抑え、
あとは4と6の2頭から11、12、14、15と、唯一のディープインパクト産駒18への3連複を少々。

付け焼き刃にしては、何かいつもより上手く馬券をコーディネートできた感じで、
ちょっと自己満ですね。これで結果が伴えば、最高でしょうが、そんなことは・・・。
posted by 二四伎パパ at 14:02| Comment(0) | 競馬G1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

ぼっても、ぼっても・・・。

朝方には雨が上がるという予報だったように聞いた気がしましたが、
午前中一杯ぐずつき気味で、こちらの地方でお日さまが顔を出したのは、
2時過ぎにでした。それからは急回復し、今もまだ日は暮れてなく、明るいです。

なんやかんやで、もう4月。なのに、今年はまだ桜が咲いていません。
このところは、卒業式に桜というイメージが強かったですが、
今年は入学式にも間に合いそうにありませんね。

さて、前回にブログをアップして以来、年度末の仕事がどっと。
こなしても、こなしても追いつかず、まだまだ残っています。
なので、毎週、終電近くなる金曜日の翌日のみ休養、日曜日から仕事と
休みを削って対応。ですから、明日も仕事です。
この間、特に感じたのが、体内時計よりも実際の時間の進み具合が早すぎると、
そのギャップが神経を逆なでし、心がささくれ、不機嫌になってしまうし、
逆に遅すぎても歯がゆかったり、焦ったく、それがストレスに感じるってこと。
体内時計と実際の時間のズレが大きいと機嫌を損ねてしまうんですね。
なので、上機嫌でいるには遅かれ、早かれ、少しのズレに止めておかないといけませんね。

そんな風に生活してきましたので、色んなことの判断も誤り気味。
特に、先週末にG1シリーズが開幕しましたが、気持ちが抑えきれずに、
買った馬券は全くの見当違い。結果的には、最多出走頭数の牝系の馬が
勝ち、近親が3着に入っている1番人気がその通りの結末を演じ、
1番人気から最多頭数牝系の馬4頭へのワイドで的中でした。

なので、明日のレースは去年ずっと馬券の軸にしてきた最多出走頭数牝系の
ディープインパクト産駒で。俗にいう「昔取った杵柄(きねづか)」ですね。
それで軸になるのが、9番。えらい人気薄は納得のうえ、導かれたままなので、
外れても後悔はありませんし、レース結果をワクワクしながら、待てそうです。

では、明日は溜まった仕事をはかしに行くのに早起きしなければなりませんので、
そろそろ夕飯にします。
posted by 二四伎パパ at 18:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

回数を重ね、出遅れた分の穴埋めを・・・。

夕方には薄日も差したため、もう雨は降らないと踏んで、
昨晩、洗濯しましたが、再び雨が降り出し、部屋干しするしかなく、
たくさんの洗濯物に囲まれ、眠るハメになりました。
その雨も睡眠中にあがり、今朝は晴天。少し風は冷たい感じでしたが、
日差しは暖かで、春近しを思わせる気候です。

さて、この週末は野暮用で帰省する予定。一方で、競馬は春のクラッシック戦に
つながる重要なトライアルレースが2つくまれています。年末年始をはさんで、
全くいつものデータ整理ができず、少し乗り遅れ気味のため、先週から少しずつ
練習を兼ねた予想をしてきましたので、今週もお休みせず、ちょっと展望を。

あと、本番を見据え、いつもの出走馬の牝系別勢力図をまとめてみました。
まず、明日のチューリップ賞から。

牝系ー出走予定頭数/馬番、馬名(父名)
1号族−3頭/3番リスグラシュー(ハーツクライ)、7番ミスパンテール(ダイワメジャー)、
11番ワールドフォーラブ(ディープインパクト)
16号族−2頭/10番ソウルスターリング(Frankel)、12番アンバーミニー(ダイワメジャー)
2号族−1頭/5番アロンザモナ(ストリートセンス)
3号族−1頭/4番エントリーチケット(マツリダゴッホ)
4号族−1頭/9番レッドリボン(ディープブリランテ)
6号族−1頭/1番ミリッサ(ダイワメジャー)
9号族−1頭/2番カワキタエンカ(ディープインパクト)
10号族−1頭/6番ダノンディーヴァ(ディープインパクト)
20号族−1頭/8番ビップキャッツアイ(シンボリクリスエス)

ここは、暮れの2歳チャンプ、そのレースの2着馬が揃ってエントリーし、
人気を集めそうです。それに、2着馬は最多牝系の1号族に属していますし、
この馬は軸の1頭。また、2歳チャンプも実力的に外せそうにはありませんので、
あと1頭に何を選択するかですが、通常なら最多牝系のディープ産駒の11番です。
ただ、前回のブログで書いたように今年、重賞未勝利が判明しましたので、
今回は様子見とし、合わせて同じ産駒の2、6、11も見送りに。
また、姉がG1馬の1も有力そうですが、これも父の産駒が今年重賞勝ちなしで、
データを信じてきることにしました。なので、残る1頭はディープインパクトと
同じ牝系に属する5番を選び、3、5、10の3頭を。

次に日曜日の弥生賞。
16号族−4頭/2番テーオーフォルテ(ハービンジャー)、3番グローブシアター(キングカメハメ
ハ)、4番ダンビュライト(ルーラーシップ)、11番カデナ(ディープインパクト)
7号族−2頭/7番コマノインパルス(パゴ)、9番ダイワキャグニー(キングカメハメハ)
2号族−1頭/12番ディアシューター(サムライハート)
3号族−1頭/5番サトノマックス(ディープインパクト)
8号族−1頭/1番ベストアプローチ(NewApproach)
9号族−1頭/8番スマートエレメンツ(シンボリクリスエス)
14号族−1頭/6番キャッスルクラウン(バンブーエール)
22号族−1頭/10番マイスタイル(ハーツクライ)

ここは、4頭エントリーする16号族にまず、注目。中でも昨年、兄がこのレース2着馬の
3を。また、同じ系統にディープ産駒がいますが、前々走、牝馬に負けているのに
人気が過剰気味ですし、チューリップ賞でも選びませんでしたので、
5と合わせてこのレースも見送りに。残る2頭は、まず2連勝中で、このレースと結構、
相性が良さそうな父キングカメハメハ×母の父サンデーサイレンスの9、
前走同条件の重賞を勝った7とし、3、7、9の3頭で。
重賞2勝馬の回避で若干、注目度が下がりましたが、
ここの勝敗である程度、力関係の見極めがつきそうで、結果が楽しみです。
posted by 二四伎パパ at 13:32| Comment(0) | データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする