2017年08月27日

二戦目を終えて・・・。

この時間になると、窓から涼しい風が入ってきて、
暑さのピークが過ぎたことを感じつつ、明日からの勤務に向けた
気持ちのコントロールを。その日によって中々、切り替えられないことも
ありますが、今日は結構、すっきりと。

その要因の一つが、新潟二歳ステークスの結果。
軸の8が勝利。2着も15で、ピックアップした4頭のうち、2頭のワンツーフィニッシュ。
上々の予想でした。ただ、馬券は買ってません。
でも、根拠のある的中ですので、今後の糧にはなります。

さて、来週も二歳重賞が予定されていますので、この二戦のおさらいを。
まず、馬券対象になった牝系別勢力図について。
トップは今日勝った1号族で4頭出走で1着1回着外3、次いで14号族が1頭出走で1勝、
あとは5号族が3頭出走で2着1回着外2回、9号族が1頭出走で2着1回、
3号族が1頭出走で3着1回着外1回、12号族が1頭出走で3着1回。
いつもの如く、1号族が頭数最多。あとは、まだ頭数が揃わない時期ですが、
今年は5号族がここまで好調な感じですが、当然のことながら、
そう大きな偏りはありません。

一方、種牡馬については、二歳リーディングがそのまま反映されている感じ。
特に、今日はリーディングトップのダイワメジャー産駒が1、2着。
3着にはヨハネスブルグ産駒。特に、ダイワメジャー産駒は2戦で5頭が出走し、
1、2、3着各1回、着外2回で、複勝圏60%と絶好調です。
さて、来週はどうなりますかねぇ〜。
posted by 二四伎パパ at 17:10| Comment(0) | データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バランス重視で・・・。

今朝は気持ちのいい青空が広がっています。
昨晩は、ガス欠気味のカラダを労って、9時前には就寝。
なので、当然のことながら、目覚めも早く、
それに上天気が重なって、まずは洗濯。
そして、朝食、買い物の順で用事を済ませる。

さて、本日の新潟2歳ステークスですが、牝系の勢力図的には1号族(8、12)、
4号族(6、10)、5号族(5、15)、16号族(9、11)の4系統が2頭ずつのエントリー。
その他で、目立った偏りはダイワメジャーの仔が4頭いて、3分の1ほどを占めています。
この2つが重なっているのが、8番、9番、14番、15番とそれぞれ隣同士。
その人気順は8番(2番人気)、15番(5番人気)、14番(8番人気)、9番(15番人気)となっています。

経験の浅い2歳戦ですので、人気はあてになりませんが、
一族の活気のある8が馬券対象から外れるとは考えにくいと思われます。
ただ、初戦を踏まえると、勝ち馬がG1馬のいる系統だったことを考えると、
ダービー馬のいる14、兄妹でマイルG1を勝利した15も侮れない感じです。
そして、距離の実績を鑑みれば、14は穴として結構、魅力的かも。
しかも、逃げ馬の外枠でスンナリと行けばって複勝圏にはと思えますが、
これまでのレース結果を見ると、どうも真ん中よりも内が良さそうで、
やっぱり8に落ち着く感じですかねぇ〜。
posted by 二四伎パパ at 12:16| Comment(0) | データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

2015年世代最初の重賞について

遅ればせながら函館2歳ステークスの結果についての雑感を。
勝ったのはキンシャサノキセキ産駒で14号族の11番カシアス。
新馬戦で負けたナンヨープランタンに雪辱するとともに、1番人気に応えました。
牝系の勢力図的な後押しはなかったものの、隣の12番リンガラポップスが
同じキンシャサノキセキの仔だったのが良かったのかもしれませんね。

その1リンガラポップスはレース前に勢力図トップタイの2頭出しの1号族として
注目しましたが、7着に終わりました。逆に、前日の中京オープン戦で勝った馬と
同じダイワメジャー産駒で、2着馬と牝系が同じ7番アリアが3着に入りました。
この馬は、2頭出しの13号族、また2着馬も2頭出しの9号族と勢力図トップタイの馬たちで、
先ほどの1号族、22号族と合わせ4系統が2頭出しでしたが、
そのうちの2系統が複勝圏を確保しました。

あと、勝ち馬については曽祖母と同じ組み合わせの妹と父系祖父との間で、
2008年の高松宮記念を勝ったファイングレインが誕生しており、G1馬の
近親でした。この馬が重賞勝ちをおさめたということは、先ほどのナンヨープランタン、
12番のリンガラポップスなどが争った新馬戦は結構、レベルの高いメンバーだった
ようですので、2頭のこれからにも注目していくのが、良いかもしれません。

では、今回はこの辺りで。
posted by 二四伎パパ at 12:06| Comment(0) | データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする