2016年08月10日

煮詰まっちゃいそう

毎日、毎日、暑いです。ただ、夜は比較的、涼しい風があって結構、
ぐっすりと眠れるので、何とか、体調を崩すことなく、過ごせてます。
さて、今日で夏休みを半分消化。これからは、休みボケにならないように
注意しながら、生活のリズムを立て直していこうかと。

あと、昨日のリオ五輪も日本選手が大活躍でしたね。
柔道と体操での金メダルをはじめ、メダルラッシュが止まりません。
昨日は前日の深夜の女子バレーが勝ち、テニス、卓球などでも日本選手が
トーナメントを勝ち上がったのを見て、もうお腹が満腹状態でした。

それにしても、結果が伴わなかった際に、選手がインタビューで
答える内容が、どことなく、冷めた感じがするのと、選手のテンションに
構わず、メダルを獲得したことに対し、キャスターやゲスト解説者が
変に盛り上げようとして、「良かったですね」とか、「おめでとう」とか、
「立派でした」を連発し、褒め称えようとするのは、どうにかならないでしょうか?
かえって、選手が痛々しく感じられますし、自分は見ていてあまりいい感じがしません。

なので、その日の結果をまとめたハイライトや同じVTRを使い回すニュース
などをあまり見ずに、自分の好みで競技を選びながら、時間の許す限り
実際の試合映像を見るようにしています。
posted by 二四伎パパ at 09:04| Comment(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月25日

一日早い給料日

ここ数日の好天が、居座り続けていた冬っぽい空気感を追いやり、
ようやく、春らしい気候となりました。ただ、いつもの春っぽさではなく、
何となく感じは台風が去った秋のようです。

さて、今日は4月25日。いつもなら、給料日ですが、土曜日ということで、
給料の支給は昨日の24日でした。24日と言えば、自分の生まれ日、
ニックネームにつけた二四の由来もそこにあります。なので、昨日で49歳と三ヶ月、
ハーフまであと九ヶ月を残すのみとなりました。
このひと月は、一人暮らしを始め、最初は家事や雑用などで戸惑うこともありましたが、
それもほんのいっ時でした。自分的には、馴染むまでもっと時間がかかる感じが
していましたが、二週間くらい前からは弁当を作るようになり、
形式的には一人暮らしする前とほとんど変わらない生活をしている感じです。

これは思うに、いつも通りの会社中心の生活サイクルのまま、日々、過ごしていることで、
あまり違和感を感じないのかもしれませんね。好きな仕事をさせてもらえる会社を選んで、
正解だったと思います。全く不満がないわけではないですが、仕事が趣味と実益を
兼ねている分、他のヒトたちほど、文句はありませんね。ただ、足りない物を買い揃えたり、
この時期特有のお祝いなどで、出費がかさんでいたので、給料日の一日繰り上がりは、
渡りに船で、ほんとありがたかったです。早速、今朝はATMに走りました。

あと、昨日は給料日の花金(死語か?)いうことで結構、夜の街は賑わっていました。
そこで、新社会人ぽい方たちが話しているのが、耳に入ってきました。
どうも、自分と同じで昨日が給料日だっらしいんですが、どうもその額が気に入らなかった
らしく、様々な文句をグチグチと並べていました。理想と現実のギャップを
目の当たりにして、ショックだったんだと思いますが、自分が稼いだ金額を
自身で文句をつけたら自己批判でしょ。「先立つものがないと・・・」という気持ちは
わからないでもないですが、若いうちは「金は後から付いてくる」と思える自信を持って
仕事をした方がいい時もあるよう感じがします。そのためには、自分の好きな仕事を見つけて
就くことが大事で、それには普段から嫌なことに目をつぶらず、我慢することを習慣に
しないことに尽きると思います。

ちなみに、自分は給与改定の時の役員との話し合いで、売上が悪ければ、
給料を下げてもらって構いませんし、利益がないのにボーナスは受け取れませんと、
真顔で言ったことがあります。相手はあきれていましたけど。
その時は、会社が潰れて仕事ができなくなるくらいなら、給料が下がっても
いいかなぁ〜って思っていたのと、現実を知って、危機感を持つことが、
いい仕事につながって、それで売上を上向かせ、元の給料に戻せれば、いいだけだと
考えていました。たいそうなこと書きましたが、これが年収ウン千万や億円って
いうのなら、説得力があるんでしょうが、自分は普通の会社員ですので、
貰っている給料の額はたかだか知れています。あと、今回の給料から減給となりましたが、
それまで約26年間、月の給料は下がったことはありませんでした。
ほんと、恵まれていると言うしかありませんが、
その分、会社には仕事で返していると自負しています。
posted by 二四伎パパ at 14:57| Comment(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月25日

よし悪し

今朝は、ここ数日よりも気温が低かったみたいで、表に出たときの空気が冷たく感じました。
ただ、明け方や夕方の雰囲気からは日が長くなったのを実感できますので、
季節が冬から春に変わるのもそう遠くはないみたいです。

さて、仕事がら自動車に関する色々な情報に接する機会が多いのですが、
このところの話題はもっぱら軽自動車。昨年、総販売台数に占めるシェアが40%を超え、
その普及に拍車がかかっていることもあって、今年の売れ行きにも注目が集まっています。

この軽自動車はエンジンや車体の大きさなどの規格が定められていて、
作る側は永年、同じ土俵で技術を競い、独自の工夫を各社でこらしてきました。
そのことが、軽自動車に大きな進化をもたらし、今や目の肥えた日本の消費者に
最も親しまれるクルマになったといえます。

このことから考えると、何でもOKよりも、ターゲットを絞るとか、
何らかのしばりや制約のなかで、試行錯誤しながら、物事に取り組む方が
成功への近道なのかもっていう感じがします。
「自由に」とか、「自然に」などは聞こえはいいですが、
選択肢がありすぎるというのも迷いがでたり、
かえって不自由になったりするケースも多いみたいですし、
ある程度、制限された環境の方がヒトやモノは成長し易いのかもしれませんね。
posted by 二四伎パパ at 10:17| Comment(0) | たわ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする