2018年04月16日

見るに見かねてなのかも・・・

先週末でスタッフが退職し、チームは消滅したにも関わらず、
相変わらず、出勤して仕事に励んでいます。

ここのところでは珍しく、連日のブログ更新です。
昨日は、洗濯などの家事をひと通り済ませ、
ブログをアップ。雨は止んでいたのに中々、晴れてこずに、
洗濯したの失敗だったかなぁと思いつつ、クリーニング屋さん、
食材の買い物などへの外出のため、洗濯物を部屋干しに。
そして、外出しようとしたら雨、ホント、間が悪く、
いいことなしの午前中でした。

帰宅後は昼食を済ませ、楽しみにしていたG1レースまで、
ダラダラと。昨日から午前中の流れの運の悪さから考えると、
また外れ馬券になるんだろうなぁ〜と思いつつ、
TVの前でじっと、レースを待っていました。
ここまで書けば、何となく、察しがつくと思いますが、
結果から言えば、的中。今年初戦のフェブラリーS以来、
3レース振りに本命馬が馬券に絡みました。

そして、今季の結果は5戦2勝3敗となり、一つ負け越してはいますが、
収支的には1レース分くらいプラスになりました。
競馬の女神さまが情けをかけてくれ、自分を的中に導くための
解りやすいヒントをくださったようです。
もう少し、自分が素直に受け止めていたら、2点で馬連、ワイドまで
手が届いていましたが、それは次へのステップということで、
まだまだ精進が必要なようです。でも、大げさに思われるかも知れませんが、
かなり救われました。こういうサプライズがあるので、競馬はやめられません。

ちなみに、今シーズン的中した軸馬は、フェブラリーSが3着のインカンテーション、
昨日の皐月賞は2着のサンリヴァルです。興味のある方は、この2レースの出馬表を
眺めてみてください。フェブラリーSの方は、少し手間をかけて調べなければ、
なりませんが、昨日のレースは勘の良い方なら見たら気付くと思います。
また、買えなかった皐月賞馬はフェブラリーSと同じパターン、
もう一つ言うと、その前の桜花賞の勝ち馬も同じ方法でみつけられます。
あと、今更ながらですが、高松宮記念の3着馬も自分の選択方法の1つに
当てはまっていました。ただ、自分が他の誘惑に目がくらんでしまったので、
女神さまにそっぽを向かれ、的中を逃しただけです。

最近は、予想をブログにアップしなくなりましたが、
基本的な軸馬の選択方法は変わってません。
ただ、枠順が決定してからでないと、最終決断をしなくなりましたので、
時間やメンタル的な余裕のない最近は書けない状況にあります。
それと、成績を考えれば、予想で講釈をたれる立場にないのを
自覚したからです。では、また時間ができたら、更新します。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
posted by 二四伎パパ at 18:53| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

結局、自分が厄病神だった。

今日のG1も惨敗。

昨日、自分が並べ立てた予想の根拠は御託に終わりました。
逆らった1番人気は、付け入る隙のないくらい強かった。
結局、自分が軸にしたことが、負けた原因で、厄病神だったようですね。
馬の関係者の方々、申し訳ございませんでした。

ただ、馬券が購入できるG1レースは、まだ1走残っています。
それを的中すれば、これまでの負けはそのための糧だったと言えそうです。
すでに、軸候補は絞って有馬記念です。
かなり早いですが、自分の夢を託すのはレインボーラインです。

この馬に今シーズンの1勝と収支逆転を委ねようと思います。
他にも何頭か、魅力的な根拠を持った馬がいましたが、
自分の経験則に基づいた勘がこの馬を選びました。

あとは、馬券をどうするかを考えるだけとなりました。
今のところ、シンプルイズベストがいいかと考えていますが、
年末の大イベントですから、楽しめる馬券も検討したいと思います。
posted by 二四伎パパ at 17:15| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

明るい未来は・・・

今朝は昨日以上の冷え込みで、寝相が悪くて布団からはみ出した
足元からもの凄い寒さを感じ、目を覚ましました。
それでも、いつもより少し早い起床で結構、深い睡眠を十分にとったのか、
すんなりと起きられました。

ブログの更新が滞っていた間にあったゴタゴタは、
新しいプロジェクトに対し、「自分は楽したい」とか、
「報われない努力はしたくない」とか、「まずは見返りありき」と考えるヒトたちが
ゴネたことが原因で、結局、プロジェクトはお蔵入りになりました。

そのことを含め、色々位と相談にのってもらった方にことの顛末を説明した際に、
「明るい未来は自分が築くもので、与えられるものではないと思う」と言われました。
自分も、それが当たり前だと考えていましたが、どうも少数派だったようです。
これで、今の業務は来年の9月をもって終了となる見通しで、
そうしたら、しばらく後始末を手伝ったのち、職なし、宿無し状態に。

まぁ〜、このご時世、贅沢しなければ、人間一人が食うぐらいは何とかなりますし、
選り好みをしなければ、仕事にもつけるでしょうから、後のことを早急に考えず、
どっしりと構え、残りの期間をしっかり努めることに専念しようと思います。
あと、この間に「時の流れを汲みながら、自分を信じて行動すること」が大切だと
実感しましたので、他の人よりも効く鼻を授かった幸運に感謝しつつ、
その嗅覚を今まで以上に頼りにして、残りの人生を悔いなく生きて行ければ、
いいかなぁ〜って考えています。
posted by 二四伎パパ at 09:48| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする