2016年12月15日

今回は迷いなく・・・。

先週の阪神ジュベフィリーズは、リアルタイムでTV観戦した甲斐もなく、
惨敗。レース終了後は想定外の位置取り、勝負どころで出られなかったのを
見て、騎手変更でオッズが下がり、美味し過ぎと考えた、自分が甘かったと思いました。
ただ、翌日のスポーツ新聞でレース後に騎手がインタビューで、
「2着馬がきて、怯んだ」と話したというのを読んで、前走負けた相手を見て、
戦意喪失したのが敗因で、騎手のせいではなかったことがわかりました。
いずれにしても、自分の選択ミスでした。

さて、この週末は日曜日にいつもG1予想をメールでやり取りしている
友人と中京へ行くことになりました。その友人とは、昨年も今回と同じく、
朝日杯フューチュリティステークスを一緒に楽しみ、それ以来1年ぶりに再会します。
ようやく、今日、木曜日で、いよいよという感じになり、明日は惰性で過ごして
しまいそうです。で、ちょっと早いですが、朝日杯フューチュリティステークスの予習を。
抽選待ちの7頭でレース出場が決まったのは、アシャカリアン、クリアザトラック、
トリリオンネオ、トーホウドミンゴの4頭。

自分の軸は、この中のクリアザトラック。理由は、最多出走頭数の牝系であるうえ、
過去12年間および直近3年間で、最も馬券対象になっている4号族のディープインパクト
産駒であること。何レースぶりかで、方針にマッチした軸がいました。
その他では、勝てば、去年取り逃がした快挙を手中におさめる騎手が
乗るタガノアシュラに、次の有馬記念に出走する姉に幸先の良い流れを
勝って作りたいダンビュライトでしょうか。
いつもなら、枠順を気にしてしまいますが、今回は関係なしに、この3頭の馬券で
楽しもうと思っています。
posted by 二四伎パパ at 21:49| Comment(0) | 競馬G1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: