2016年12月09日

整理したくて・・・。

今日は、何とか自分の仕事だけに没頭でき、手持ちの仕事を結構、
済ませることができました。ただ、来週末に今年最後のレポートの締めがあり、
週明けにはそれに着手しなければならず、またまた通常の仕事が滞る
可能性が大です。なので、少し余分に仕事してから帰ることにしようかと。

その息抜きついでとともに、明後日の阪神ジュベナイルフィリーズの予想を
準備するべく、ブログの更新を。

では、出走予定馬の牝系勢力図と阪神改装後の2006年から
昨年までの10年間の馬券対象回数、過去3年間の成績、
今年の二歳重賞成績を合わせたまとめを馬番つきで。

牝系ー出走予定頭数/10年間の馬券対象回数、3年間の成績、二歳重賞成績(牝馬限定重賞成績)
馬番.名前

1号族ー5頭/3勝2着1回、1着1回着外10回、2勝2着1回着外9回(1勝着外3回)
3番エムオービーナス、5番ポンポン、13番ゴールドケープ、
17番ヴゼットジョリー、18番リスグラシュー
2号族ー3頭/1勝2、3着各1回、1勝3着1回着外6回、2勝2、3着各1回着外10回(着外2回)
4番レーヌミノル、9番ジャストザマリン、10番クインズサリナ
14号族ー3頭/3着1回、3着1回着外3回、3着2回着外5回(3着1回着外2回)
12番アリンナ、15番フェルトベルク、16番シグルーン
11号族ー2頭/馬券対象なし、着外1回、着外4回(着外2回)
8番サトノアリシア、14番スズカゼ
16号族ー1頭/2勝、着外1回、1勝2着2回着外7回(2着1回着外1回)
2番ソウルスターリング
B3号族ー1頭/1勝、1勝、1勝3着1回(3着1回)
11番ジューヌエコール
3号族ー1頭/1勝2、3着各1回、着外3回、2着1回着外6回(2着1回)
6番ショーウェイ
6号族ー1頭/3着2回、出走なし、着外4回(着外1回)
1番ディーパワンサ
A13号族ー1頭/馬券対象なし、着外1回、2着1回着外1回(着外1回)
7番ブラックオニキス
となりました。
基本的には頭数の多い順番で、同じ頭数の場合は馬券対象、過去3年の成績、
本年の重賞成績などで優劣をつけています。

まとめてみての感想は、最大勢力の1号族は5頭いれば、
1頭は馬券対象になっても良さげですが、マイル重賞の勝ち馬2頭が
大外とその隣枠に並んでいるのが、ちょっと気になります。
また、2番手では相性、成績、本年の重賞結果から2号族が有利そうに
見えます。ただ、このレースを勝つにはマイル以上のレース、坂の経験が必要で、
2号族の3頭にはこの条件を満たした馬がいません。
となると、2位タイの14号族の方が健闘しそうかもしれません。
それ以外では、昨年の勝ち馬と同じ牝系で、牡馬との重賞を勝った馬は乗り代わりが
微妙そうな感じがします。あと、スケールの違う勝ちっぷりで評判の関東馬がいますが、
マイルの経験がないのはマイナスぽく思えます。ただ、騎手を考えれば、
複勝圏から外れる可能性は少なそうですね。

あれやこれやと考えてみましたが、まとめてみて、ちょっと整理ができ、
おぼろげながら、軸候補がみえてきました。

なお、データについては慎重に集計したつもりですが、何分、自分が集計したものですので、
間違っている場合があるかもしれませんが、悪しからずご了承ください。
posted by 二四伎パパ at 20:24| Comment(0) | データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: