2017年04月09日

こんなに・・・、なのに。

先週の日曜日と同じような気象状況のなか、自分の行動パターンも似通った
感じなので、何かその日の焼き直しのような生活を。ただ、違うのは道中で見かける
桜の木。先週半ばに満開となってから雨続きでもあまり散ってなく、
咲き誇ってますが、残念ながら新芽の葉っぱが出ている木が多く、ピンク一色なのは
あまり見かけません。それにしても、こんな桜満開のお花見時期にはとっても
もったいない週末の天気ですね。

さて、もったいないといえば、もうすぐ行われる桜花賞も同じです。
近年例のないレベルの高いメンバーが揃っているのに、雨は降っていませんが、
馬場状態が微妙。その巧拙や走るコース取りなどで、勝負が左右されそうで、
少し残念な感じがします。また得てして、こういう場合は人気馬が
凡走しても、その陣営には好都合な状況なので、上位人気の馬を信用しない
ことにしています。

で、予想なんですが、いつもの牝系別の勢力図はもとより、じっくりと考える
時間も取れませんでしたので、枠順が決まって感じた第一印象と、重馬場での経験だけを
頼りに取捨選択をしてみました。まずは、枠順ですが、人気上位2頭が外枠に並んで入りました。
各々が隣を意識せざる状況で、けん制し合うのは間違いなさそうです。
あと、状態の良くない馬場ですので、前目でレースが進められる先行馬がいいかと。
枠順的には外側が馬券対象になることが多いレースですが、先行馬を狙うなら内枠の方が
良さそうですので、4を軸に考えました。出走取り消しで隣が空いたのも
何か都合が良さそうですし。

あまり人気がなさそうなので複勝を本線に。相手として、面白そうなのが、6。
外で2頭がつばぜり合いをするなか、自分のレースに徹し切れるのは有利な感じがします。
それに、先週のG1を勝った騎手が乗る割に、トライアルが不甲斐なかったからか、
人気を落としているので、配当的にも美味しそうです。なので、4-6のワイドを抑え、
あとは4と6の2頭から11、12、14、15と、唯一のディープインパクト産駒18への3連複を少々。

付け焼き刃にしては、何かいつもより上手く馬券をコーディネートできた感じで、
ちょっと自己満ですね。これで結果が伴えば、最高でしょうが、そんなことは・・・。
posted by 二四伎パパ at 14:02| Comment(0) | 競馬G1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする