2017年03月03日

回数を重ね、出遅れた分の穴埋めを・・・。

夕方には薄日も差したため、もう雨は降らないと踏んで、
昨晩、洗濯しましたが、再び雨が降り出し、部屋干しするしかなく、
たくさんの洗濯物に囲まれ、眠るハメになりました。
その雨も睡眠中にあがり、今朝は晴天。少し風は冷たい感じでしたが、
日差しは暖かで、春近しを思わせる気候です。

さて、この週末は野暮用で帰省する予定。一方で、競馬は春のクラッシック戦に
つながる重要なトライアルレースが2つくまれています。年末年始をはさんで、
全くいつものデータ整理ができず、少し乗り遅れ気味のため、先週から少しずつ
練習を兼ねた予想をしてきましたので、今週もお休みせず、ちょっと展望を。

あと、本番を見据え、いつもの出走馬の牝系別勢力図をまとめてみました。
まず、明日のチューリップ賞から。

牝系ー出走予定頭数/馬番、馬名(父名)
1号族−3頭/3番リスグラシュー(ハーツクライ)、7番ミスパンテール(ダイワメジャー)、
11番ワールドフォーラブ(ディープインパクト)
16号族−2頭/10番ソウルスターリング(Frankel)、12番アンバーミニー(ダイワメジャー)
2号族−1頭/5番アロンザモナ(ストリートセンス)
3号族−1頭/4番エントリーチケット(マツリダゴッホ)
4号族−1頭/9番レッドリボン(ディープブリランテ)
6号族−1頭/1番ミリッサ(ダイワメジャー)
9号族−1頭/2番カワキタエンカ(ディープインパクト)
10号族−1頭/6番ダノンディーヴァ(ディープインパクト)
20号族−1頭/8番ビップキャッツアイ(シンボリクリスエス)

ここは、暮れの2歳チャンプ、そのレースの2着馬が揃ってエントリーし、
人気を集めそうです。それに、2着馬は最多牝系の1号族に属していますし、
この馬は軸の1頭。また、2歳チャンプも実力的に外せそうにはありませんので、
あと1頭に何を選択するかですが、通常なら最多牝系のディープ産駒の11番です。
ただ、前回のブログで書いたように今年、重賞未勝利が判明しましたので、
今回は様子見とし、合わせて同じ産駒の2、6、11も見送りに。
また、姉がG1馬の1も有力そうですが、これも父の産駒が今年重賞勝ちなしで、
データを信じてきることにしました。なので、残る1頭はディープインパクトと
同じ牝系に属する5番を選び、3、5、10の3頭を。

次に日曜日の弥生賞。
16号族−4頭/2番テーオーフォルテ(ハービンジャー)、3番グローブシアター(キングカメハメ
ハ)、4番ダンビュライト(ルーラーシップ)、11番カデナ(ディープインパクト)
7号族−2頭/7番コマノインパルス(パゴ)、9番ダイワキャグニー(キングカメハメハ)
2号族−1頭/12番ディアシューター(サムライハート)
3号族−1頭/5番サトノマックス(ディープインパクト)
8号族−1頭/1番ベストアプローチ(NewApproach)
9号族−1頭/8番スマートエレメンツ(シンボリクリスエス)
14号族−1頭/6番キャッスルクラウン(バンブーエール)
22号族−1頭/10番マイスタイル(ハーツクライ)

ここは、4頭エントリーする16号族にまず、注目。中でも昨年、兄がこのレース2着馬の
3を。また、同じ系統にディープ産駒がいますが、前々走、牝馬に負けているのに
人気が過剰気味ですし、チューリップ賞でも選びませんでしたので、
5と合わせてこのレースも見送りに。残る2頭は、まず2連勝中で、このレースと結構、
相性が良さそうな父キングカメハメハ×母の父サンデーサイレンスの9、
前走同条件の重賞を勝った7とし、3、7、9の3頭で。
重賞2勝馬の回避で若干、注目度が下がりましたが、
ここの勝敗である程度、力関係の見極めがつきそうで、結果が楽しみです。
posted by 二四伎パパ at 13:32| Comment(0) | データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする