2016年03月23日

この春シーズンは、これで・・・。

春らしい暖かい日が休み明け二日続きました。ただ、明日からは寒気が入り、
冬の気候に逆戻りするみたいで、それからしばらく寒い日が続くらしいです。
この時期の三寒四温という独特な気候で、咲き始めた桜を長く楽しむには
好都合なのでしょうがないですが、空調管理の行き届いた環境で生ぬるく、
過ごすのが当たり前になっているヒトにとっては体調を崩しやすいので、
注意が必要ですね。

さて、今日は水曜日で週の真ん中、そろそろ今週末の高松宮記念に関する
情報が巷(ちまた)をにぎやかし始めました。このところ、しばらくそのレースで
相性の良い牝系(ファミリーナンバー)やら、種牡馬、母の父なんかを調べ、
予想の根拠に据え、出走予定馬を取捨選択し、軸にする馬を決めてきました。

そうした中で、色々、調べていくうちに、レースによって父親と牝系の組み合わせ、
父親の牝系、父親の母の父、母の父などに共通点のある馬が何度も好成績を
おさめるなど、レース結果に独特な傾向がみられる場合があることを知りました。
馬券は当たりませんでしたが、有馬記念で軸にしたゴールドアクターはその賜物であり、
今後、有馬記念を予想していくうえでの大きな武器を見つけることができました。
ただ、残念ながら色々な情報に惑わされたり、自分の思い込み、相手の選び間違え、
等々によって馬券が的中することは稀で、散々な結果を続けてきています。

なので、今シーズンは自分で見つけたあるキーワードに嵌った馬がいれば、
その単複を必ず資金の半分を充ててみようかと考えています。
キーワードについては、レースによって様々なので一概には言えませんが、
柱となるのは出走予定馬で最も頭数が多い牝系、トップサイヤーのディープ
インパクトの仔で、両方が重なれば、迷わず買いってことにしたいと思います。

そうなると、今週末の高松宮記念はサトノルパンが軸となります。
相手として買いたいのは、同じディープ産駒のウリウリ。
シーズン初戦なので、その結果があとに続くG1戦の布石になると考えれば、
この二頭の動向に注目せざるをえません。不安点としては、ディープ産駒は先週までに
重賞を116回勝っていますが、今回と同じ1200m戦は三勝しかしていないということ。

まぁ〜、不適中であっても続く、三歳クラッシック戦のヒントが得られるなら、
いいかなぁ〜っていう感じです。ちなみに、桜花賞にはサトノルパンの妹レッドアヴァンセ
が出走を予定、次の皐月賞はサトノルパンと同じ馬主が持つサトノダイヤモンドと、
ウリウリの弟で同一馬主の所有馬マカヒキが対決します。

特に、牡馬の二頭は上位人気必至なので、馬券を検討するにはかなり重要度が高そうなので、
何らかの手がかりが欲しいですね。高松宮記念の結果次第では、兄妹のG1連続制覇とか、
同一馬主の3週連続G1制覇なんてことが起こる場合があるかも、何て妄想し、
先読みしていますが、さてどうなりますやら?

自分としては、運が集中しないものだと思っていますが、流れを掴んでとんとん拍子って
ことも良くあるので、いずれにせよ、都合のいい結果が出て欲しいと願いたいですね。
posted by 二四伎パパ at 17:26| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

三連休最終日

今日も朝からいい天気です。時折、冷たく強い風が吹くのが、
たまに瑕(きず)ですが、たまった洗濯ものを片付けるには、
丁度いい感じなので、朝から盛大に洗濯を。それから朝食、
掃除と家事をこなし、昨日、行われた皐月賞トライアルのレース映像を
チェック。人気を集めた馬が連に絡めず、小波乱の結果。

あと、来週の毎日杯を残していますが、出走メンバーが大方、固まったなぁ〜
と思いつつ、窓から外をみると、部屋にジッとしているのには勿体ない感じでした。
なので、外を散歩することにしましたが、ただの散歩では面白くないので、
丁度、おあつらえ向きの三歳牝馬重賞がありますし、金山まで足を伸ばすことに
しました。ザッと出走メンバーを見てみましたが、ドングリの背比べっぽく、
どの馬にもチャンスがありそうな感じです。

こういう場合に、信頼が置けそうなのはディープインパクト産駒か、
キングカメハメハ産駒。あと、牝系的にはここまでの重賞で他の系統を
出走回数で大きく引き離しす1号族の馬。この条件を両方クリアしているのが、
8番のルフォールただ一頭、軸はこの馬で。相手は二頭いるディープインパクト
産駒から上にG1馬のいる6番のヴィブロスでいいかと。
付け焼き刃的なので、性懲りもなく、となりそうな可能性が高そうですが、
二頭とも良血の割に、前走の負けで人気を落としているので結構、
楽しめそうな感じです。ただ、給料日前ですし、来週、中京へ行くことを考えると、
出費はそうしたくありませんので、空き瓶に溜まっている小銭から百円玉をかき集め、
先の二頭の馬連、ワイドをちょろっと買ってこようと思います。

あくまでも馬券はおまけですので、帰りは最寄り駅よりも一つ手前で電車を下車し、
ちょっと長めに歩くことにします。では、行ってきま〜す。
posted by 二四伎パパ at 14:35| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

3連チャンで・・・

休日三連休は、明日の月曜日をまだ残していますが、本日ひと足先に自分の方は
三日間連続のトレーニングを終了しました。トレーニングというのは、
以前からセミナーなどに参加してきたえにし治療院の中村先生が開く、
練習会です。実は、今月から正式にスタートしたまたわり練習会に誘っていただき、
二月のプレオープンから参加しています。練習内容など詳しいことは、
中村先生のHPで見ていただいた方がいいと思いますので、ここではあえて
書きませんが、練習しているのは、誰もが「股割り」と聞いてが頭に浮かぶ
足を開脚するストレッチではなく、「体の動きを滑らかにするための股割り」です。

どうして、三日トレーニングを重ねることになったかと言うと、
ことの起こりは、一昨日のまたわり練習会を仕事の都合で、お休みするかもしれない
というメールを中村先生に送付したこと。その折り返しで、昨日の股割りワークショップ
を教えていただき、参加することにし、もともと決まっていた今日のグループレッスン
と合わせて、昨日、今日と二日間の練習に参加することになりました。

そうしたら、一昨日の仕事が思いのほか、早く終わり、またわり練習会の時間に間に合い、
つごう今日までの3連チャンと相成りました。こんな機会に恵まれることはそうそう、
ありませんので、ありがたくご指導を受けさせていただきました。
一昨日、昨日は同じ股割りの練習でしたが、こなすメニューが異なり、
股割りという動作に対するアプローチの多さとともに、股関節を動かすという
いたってシンプルなことの奥深さを改めて、知りました。あと、完成形には遠くても
それをめざす練習をするだけで、色々な変化がカラダに現れるだけでなく、
普段の動きが軽くなるという効果を感じられます。感覚的な部分なので、それぞれの
実感には個人差がかなり出ますが、練習した甲斐があると思います。

そして、今日はグループレッスンということで、全く違うメニューを他の参加者二名と
一緒に練習しました。自分以外のお二人は、それぞれ今も継続的にスポーツをたしなんで
おられる方々で、それなりに様々なメニューをこなす姿がさまになっていたのとは
対照的に、自分はヒィーヒィー言いながらのトレーニングとなりました。
ただ、出発地点が低いので、見た目の効果が現れやすかったみたいで、練習後の姿勢の
変化は自分でも何かが違っているのに、気づくほどでした。

この三日間で思ったことは、自分が過去にスポーツの上達のためと考え、
練習してきたことは、単に筋肉を疲労させるだけの動きであり、
また本来の動作にブレーキをかけてしまう癖をカラダにつけるトレーニングだったと
いうこと。あと、し終わってから疲労感があるのではなく、動きが軽く感じるのが
本来のトレーニングなんではないかということです。
今後は二週間後のまたわり練習会まで、もとの癖をどれだけ抑え、今の状態を崩さずに
保てるかということになると思います。なので、この三日間で重ねたいい感覚を
忘れないよう、しばらく姿勢、動きに気をつけていこうと思います。

最後に三日間、ご指導して下さった中村先生、よし子先生、お付き合い、
ありがとうございました。また、よろしくお願いします。
posted by 二四伎パパ at 22:52| Comment(0) | カラダメンテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする